損失発生時には冷静に対処しよう

FXの相場の動きは、あたかも反逆的です。買えば下がり、売れば上がる、といったことがよくあります。まんざら人の予想だけで毎度予想どおりに動くこともありません。そうした取引を行う際のもっとも大切なテクニックは“損切り”であるとされています。これは、FXのリスクを抑えるためにあります。

 

損切りというのは、損失(含み損)が出たときに拡大させないように確定する取引のことです。価格が戻ることがなくなったと判断したら、見切りをつけて損を承知で売却します。

 

そのタイミングとしては投資している資金を大きく減少させない範囲内で考え、あらかじめ買うときには何円下がったら売ってしまう、というふうに無条件に決めておくほうがよいです。

 

損をするつもりでFXをする人はいないと思いますが、いつも儲かると思っていると、実際に値下がりした時には慌ててしまって、冷静な判断ができなくなります。

 

買ったのちに損切りを決めていると、もう少し待てば上がるのではないか、と思いがちです。下がり続けていれば、以降も下がり続けることが多いため、時間が経過するほど損失(含み損)が拡大することになりかねません。そのような損を拡大させないことを優先した取引です。