しっかりとリスクと向き合う

はたして、人間がFXのリスクを調整できるかどうか、それはわかりません。できそうで案外、難しいです。FXをやっていてどうしても負けてしまう、そんなトレーダーは感情による取引をしてしまっています。そこでおすすめなのが、レート分析して自動で売買するソフトです。

 

感情による売買を排除して、下がったら買い、上がったら売る、という基本ルールをもとにしています。

 

どちらかというと、このような機械的なトレードのほうがリスクを軽減し勝率が上がってくるものと考えられます。実際、トレードを行っていると、分析しての投資よりも、感情的な投資になりやすい傾向があります。

 

上がるはず、下がるはずという見方は、中間に位置するレートのときに大きな金額をかけることでも判断を早急にしてしまい、あてにならないことが多いからです。

 

取引手数料が無料でも、買い売りの差額マージン(スプレッド)が結構かかってきて、投じた金額が大きければ大きいほどかさみます。これでは、安心してトレードすることはできません。あらかじめコレと分析されたタイミングまで待つのがよさそうです。

 

そうして売買そのものを自動システムに任せるほか、リスクを減らす方法はないかもしれません。