FXとは?リスク管理の重要性を語る

FXとは、通貨を対象にした投資です。通貨は多くの種類ありますが、できるだけ楽に政治や経済についての情報を得られる国の通貨の方が取引には有利です。日本人にとって最も情報が入手しやすい通貨は当然ながら日本円です。

 

その次は米ドル、ユーロが挙げられるでしょう。FXにおける通貨ペアのうち、米ドルと日本円のペアはドルストレート、米ドル以外の通貨と日本円の組み合わせをクロス円と呼びます。

 

クロスと呼ばれるゆえんは、米ドル以外の通貨と日本円を交換する場合に、間に米ドルをはさむことからです。FXの初心者は米ドル/円などの通貨ペアから開始するのがよいでしょう。

 

円は国際通貨(ハードカレンシー)のひとつとして、世界中に広く流通しており、その取引量は米ドル、ユーロに次ぐ規模となっています。日本は長年にわたり世界屈指の経済黒字を保ってきたため、もともと“円高にふれやすい体質”となっています。

 

その一方で、国内においては低金利が著しいため、外貨預金や外貨建て債権への投資が活発になっています。

 

将来的に、経常黒字、低インフレ、低金利といった円のファンダメンタルズに変化が生じることになれば、為替市場における円の位置づけが見直されていく可能性もあるでしょう。

 

従来のFXとは違うバイナリーオプション関連情報

・バイナリーオプションの業者選びの重要性
バイナリーオプションを始めるにあたっては、口座の開設が必要になります。どこの業者で口座を開設しようか悩まれる方は多いのではないでしょうか。日本国内だけではなく海外の業者もありますから、悩むのも仕方がないことかと思います。

 

基本的に国内のものであれば安心感があるので、初めての方にはおすすめです。海外のものも日本語対応しているものも多いですし、日本人でも使えることは間違いありません。また日本よりも取引時間が短いものがあるなどのメリットもありますので、そういったところに心惹かれる部分があれば最初から海外の業者を利用してみる価値はあると言えるのではないでしょうか。

 

あとはキャッシュバックの金額が高い業者を選ぶなどでも最初は問題ありません。そういった選び方をする必要は多いですし、それで満足しているケースも多いです。使っていくうちに他の業者の良さがわかればそちらに乗り換えるということもできますので、覚えておきましょう。

 

バイナリーオプションで一攫千金を夢見る

投資でいちばんの間違いは何か? それは自分の間違いを認められない事です。自分が上がると思い購入した株が、相反して下落してもいつか上昇するのではという淡い期待を持ち、塩漬けにしてしまう。そして気が付くと、とんでもない損失を抱える事になってしまうという事です。人間は弱い生き物なので、自分の間違いをなかなか認める事ができなく、それが投資で成功できない最大の要因です。

 

なのでバイナリーオプションこそ、誰にでもおススメできる投資と言えます。海外業者で不安のある人は、今では国内でもGMOクリック証券の新外為オプションバイトレみんなのバイナリーなど安心しておススメできる業者が多数あります。そしてシンプルなルールで、基本的に上がるか下がるか予想をして、時間が経過したら自動で決済されます。ある意味、投資の最終方法と言えます。

 

中には、ナンピンや上積みができないからと難色を示す人もいますが、先物やFXなどと同時にやれば、ヘッジをする事や大きく勝負をする事もでき、単純な上げ下げ以上の投資戦略があるのです。また、レンジやワンタッチなど細かなルールもありますが、基本的に難しいものはないので安心して下さい。

 

バイナリー取り扱い業者関連情報

人気のGMOクリック証券・外為オプションはここがすごい!
大人気のGMOクリック証券バイナリオプション取引外為オプションを解説しています。

 

FXトレード・フィナンシャルのバイトレが断然お勧めです!
シンプルなバイナリーオプション取引HIGH・LOW型も取り扱うバイトレ紹介!

 

大人気のYbinary(ワイバイナリー)
海外発の人気バイナリーオプション業者!オプション取引を行うなおすすめのYbinaryを紹介!

 

スマートオプションでバイナリーオプション取引がますます楽しめる!
サービス力で勝負!海外のオプション取引提供業者スマートオプションの紹介です!

 

日本銀行
物価や金融システムの安定を考える日本の中央銀行

FXを始めて半年が経過して変わったこと

今年4月にFXデビューし、当時はあまり勉強もしていなかったこともありとても痛い目に遭いました。デビュー当初で苦しんだのが経済指標。雇用統計などの重要指標で大きく動ことが分からず痛い目にあいました。そして、大きく損失が膨らむと損切りが怖くなり手が震えたりしました。また、ギリシャショックがあった日は4万円ほどの損失を出して大泣きしていました。この半年で約15万円ほど損をしたと思います。

 

そういった苦い経験があってか、本来ならFXを辞めたいのですが辞めるにやめれず今は少数の枚数で取引を行い損失を大きく出さないようにしています。事実、デビュー当初はスプレッドも10倍のハイレバレッジにして全力買いなどをして損失を埋めようとしていました。

 

熱くなって、余計に買い増ししたり(ナンピン)益々含み損を増やしたこともありました。その結果常にチャートが気になって、仕事に集中できずチャートを見ていないとイライラしたり食欲がなくなったり睡眠不足になったりと健康にも影響が出てしまいました。なので、今はこのくらいの損失なら容認しようと逆指値を入れています。また、重要な指標前にはポジションを保有しないなどの私なりのルールに則りトレードしています。生活に支障の出ない範囲でチマチマとトレードを行っています。

 

FX初心者がはじめてやってみた失敗談

私はFX初心者です。FXを始めてやってみましたが、失敗した体験を書きます。ポイントがもらえるということで、とあるサイトに登録をしてみました。5万円を入金して、ツールを起動しましたが、よくわからない記号とか英語とかばかりで、どうやって使えばいいのかわかりませんでした。

 

とりあえずボタンを押してみたら、なにやら取引が始まってしまったようです。ヤバイ!と思って解除しようとしたけど、取引ストップのボタンもわからない。結局、よくわからないうちに500円ほど負けてしまいました。後でサイトをよく見てみると、練習ツールのようなものがありました。練習ツールで練習してからやるべきでした。

 

私はチャートの読み方などはわからないので、完全に運に頼ることになります。すると、確率は50%ですが、手数料みたいなものがかかってくるので、50%よりもちょっと下がります。負ける可能性のほうがわずかに高いですが、パチンコなどに比べるとはるかに勝率は高いと思います。いつか大金を稼いでみたいですね。"

JFXで取引して現在夢中になっています

FXに現在夢中になっている私はとても好印象なFX会社を見つけました。JFXというFX会社です。このJFXを知ったのはインターネット検索をしてサーバーが強いと知ったからなんです。
>>サーバーの強いFX業者比較

 

広告のバナーには当社はスキャルピングOKと大きく表示されていまして珍しい業者だなと感じたのを覚えています。短時間でのポジションの新規・決済を繰り返すことをスキャルピングと捉えて頂くとわかりやすいですが、これを嫌うFX会社もあるわけです。

 

スプレッドが狭い会社で細々と利益を積み上げられると困るからなのか、或いは取引明細の欄が増えるからなのかは定かではありません。

 

ただ、私はスキャルピングタイプなので助かっていますよ。その分、利確(利益確定)も手早くやってしまうので儲けは少ないですけどね。大きく勝負に出るのは経済指標の時等に負けてしまうと資金面に打撃を与えるために素早く利確、損切りを行っているのです。FXにおける経済指標とは、失業率や雇用統計、その他GDPの数値などで大きく経済に振動を与えるものと見て頂ければと思います。そこで予想数値より多く下回ってしまった場合に買いのポジションを保有していると、結果大きく負けます。逆に売りで入っていた場合だと大きく勝つわけですね。

 

JFXは経済指標のトピックも見易く、約定率が完璧と言えるほど高いものがあります。加えて低スプレッドなので、初心者から上級者まで非常に扱いやすいFX業者だと言えるでしょう。